国際協力師とは

「国際協力師」とは、NPO法人・宇宙船地球号が2005年ごろから提唱している新しい職業人の概念です。「生活するのに十分な報酬をもらって、プロとして国際協力を持続的に行っている人々」をさします。

国際協力師に相当する人々としては、以下の5つに分類されます。

①国際公務員(国連職員、世界銀行職員、アジア開発銀行職員など)

②政府機関職員(国際協力機構〈JICA〉職員、日本貿易振興機構〈JETRO〉職員など)

③政府機関専門家(JICA専門家〈技術協力専門家〉、JICA専門員など)

④NGO(非政府組織)スタッフ(国際大型NGO有給職員など)

⑤開発コンサルタント会社職員

以上のほかに民間企業で国際協力に関わるCSR担当部署に勤める会社員も含まれます。

一般に、国際協力師になるためには、以下の3つの資格が必要です。

1.英語力(TOEFL iBT 100以上)

2.大学院修士(開発分野での専門性)

3.2年以上の海外勤務経験(青年海外協力隊、国連ボランティア、NGO海外派遣など)

加えて以下の経歴・資格があると選択肢が広がり、就職で有利になります。

4.他の国連公用語(フランス語、スペイン語、ロシア語、中国語、アラビア語から1つ)

5.大学院時代の国際機関、政府機関、開発コンサルタント会社でのインターン経験

6.大学院時代のNGOまたは一般企業でのインターン経験

7.開発途上国への旅行または滞在経験

8.英語圏、フランス語圏などへの留学経験

9.ボランティア経験

10.教職、調理師などの国家資格

非常に高い語学力、専門性が求められていることが分かります。


エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。これまで民間企業で電気系エンジニアとしての経験を積み、現在は国際協力師を目指し、青年海外協力隊員として活動中。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学を教えています。(活動期間:2016年6月~2018年6月(残り1ヵ月!))

0コメント

  • 1000 / 1000