ナミビアの物価

あけましておめでとうございます。

2017年も既に2週間が経過し、この分だとあっという間に今年も過ぎていきそうです。

一日一日を大切に過ごしたいものです。

ナミビアはナミブ砂漠を有しており乾燥地帯が多く、1年のうち300日以上は晴天といわれる気候ですが、昨年10月頃から雨季に入り、曇り空を見かける機会が多くなりました。これにより気温も下がり、過ごしやすくなりました。

年始に任地で犯罪に巻き込まれました。

怪我などなく、体は無事でしたが海外での安全管理意識を見なおす貴重な機会となりました。

さて、本題ですが今回はナミビアの物価事情についてお伝えします。

(1ナミビアドル(N$)=8.5円とする。 2017年1月現在)

ビール 330ml :N$9.99 ≒ 85円(銘柄による)

牛乳 500ml :N$12.49 ≒ 106円 

ミネラルウォーター1L:N$9.99 ≒ 85円 (銘柄による)

お米 5kg:N$67.9 ≒ 577円

トイレットペーパー(1ロール):N$5.99 ≒ 51円

牛肉 100g:N$6.54 ≒ 56円

羊肉 100g :N$8.69 ≒ 74円

スパゲッティ 250g:N$6.5 ≒ 55円 

トマト 100g:N$2.39 ≒ 20円

ピーマン 100g:N$4.29 ≒ 36円

人参 100g:N$1.49 ≒ 13円

リンゴ 100g:N$2.79 ≒ 24円

コンバースオールスター(スニーカー):N$650 ≒ 5,500円

Levis 501(ジーンズ):N$699 ≒ 5,900円

乾電池(単三2個):N$17.99 ≒ 153円 

歯ブラシ(1本) :N$7.99 ≒ 68円 

宿泊(シングルルーム):N$400~700ぐらい ≒ 3400円~6000円(ホテルのランクによる)

タクシー初乗り料金:N$10~ ≒ 85円~(距離に応じて加算)

高速バス(700km東京―京都間ぐらい):N$390~ ≒ 3300円(時期により変動)

黄熱病予防接種:N$750 ≒ 6400円

適当に思いつく限り挙げてみました。

食品100gとなっているのは、量り売りが主流だからです。

ビニール袋に必要な分を詰め込んで計量してもらい、その値段分のバーコードを這ってもらいます。

日常摂取する食品や移動にかかる交通費は安いですが、衣類等は全体的に高いです。自国で賄えるものは安く、輸入品は高いといえます。

近年、経済成長にともない物価が上がってきています。今現在の値段はこれですが、今後はさらに上る可能性が大いにあります。

南アフリカやイギリス、ドイツ、韓国などから輸入品が多く入ってきているので、必需品に困ることは特にありません。PCや携帯電話、テレビなども容易に手に入ります。ただし品質は日本で手に入る製品に比べると大分劣ります。。

日本製だと、Toyotaの自動車、Sony製の携帯電話「Experia」やCanon製のカメラを見かけたことがあります。

ナミビアへ旅行する際の参考にしてみてください。

エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。これまで民間企業で電気系エンジニアとしての経験を積み、現在は国際協力師を目指し、青年海外協力隊員として活動中。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学を教えています。(活動期間:2016年6月~2018年6月(残り1ヵ月!))

0コメント

  • 1000 / 1000