ジンバブエへ任国外旅行!(番外編)

3部作の最終編です。おまけです。

旅の初日、ナミビアからジンバブエへ行くとき飛行機に乗り遅れるという

ハプニングがありました((+_+))

空港の出発ロビーにある搭乗ゲート近くで13:25発ハラレ行きの飛行機を待っていました。

しかし、時間になっても一向に搭乗が始まる気配がありません。

この航空会社はよくスケジュールが変わるので、いつもの遅延だろうとしばらく待っていましたが、

まったく呼ばれません。

さすがに遅れすぎだろうと思って、近くにいた航空会社の係員に聞いてみたら

「その飛行機は時間通りに出発してるよ」の一言。


!?


なにー!! 


えーーー!!!


この時の落胆ぶりといったら、全身に悲壮感が漂っていたと思います。

え、だって搭乗ゲート近くに居てアナウンスを聞いてたし、人並んでなかったじゃん。

あ、そういえば、、、隣接している13:10発ヨハネスブルグ行のゲートには行列ができてたな。同じ航空会社の就航便だ。

まさか、あれがハラレ行きの受付でもあったのかーーー。そんなの言われないと分からないしー!

(正直にいうとアナウンス聞いてたけど、早口で訛りが強くて全然聞き取れてなかった)

チェックインしてるんだから、名前を呼んでくれたっていいじゃん!

Oh my goodness! なんてこった!て感じで意気消沈しながらも、さてどうしようかと考えました。

まず現地で到着を待ってくれている友達に、連絡をして乗り遅れた旨を伝えました。

その後どうするかは任せる、最悪キャンセルしても大丈夫だよとも言ってくれました。

ちょっと考えましたが、まず行かないという選択肢は外しました。

じゃあ、いつ行こうか?

その日中はもうジンバブエ行きの飛行機はない。

直行便でジンバブエへ行けるのは次の次の日。それでは遅すぎる。連休の日数も限られているし。

南アフリカのヨハネスブルグ経由であれば、次の日早朝便がでている。それしかない。

というわけでチケットをなくなく取り直して、次の便まで待つという結果になりました。

あーーショックが大きすぎる。

分かりづらすぎよ。あんなの外国人に不親切すぎる。N航空さん。

まあ自分の確認不足だったことは否めないので、次からは気をつけようと心に誓いました。

まだ海外での生活に慣れきっていない自分を慰めました。。。


ではまた今度。




エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。民間企業で数年、電気系エンジニアとしての経験を積み、青年海外協力隊に応募。2018年6月27日、2年の任期を終えて帰国。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学の指導に従事。(活動期間:2016年6月~2018年6月)

0コメント

  • 1000 / 1000