ヒンバ村でキャンプ

こんにちは!

うだるような暑さに早くも体力を奪われているKenです。

ここ数日で最高気温が40度近くまで上昇しています。とにかく暑い。

ここで恒例の問題です。

南アフリカ共和国の首都は次のうち、どこでしょう?

A: ヨハネスブルグ B: ケープタウン C: プレトリア 

(正解は本文の後で・・・)


先週末、JICAボランティア仲間達と共にヒンバ族の生活を直に体験できる『Ovahimba 

Living Museum』で1泊2日のキャンプを楽しんできました。

「Living Museum」では原住民の生活様式をアクターが訪問客にそのまま見せてくれます。

今現在、ナミビアに6拠点あります。

元はナミビアのツアーガイドだったWerner Pfeiferさんがドイツからこのユニークなアイデア

を拝借して、2003年に始めたのが起源のようです。私達が訪れた「Ovahimba Living 

Museum」は2016年にオープンしたばかりの一番新しい施設になります。

おそらく日本人でここを訪れたのは我らが初でしょう(^^.)

ここでは観光客向けに幾つかのアクティビティが用意されており、私達はボディペイントと

歓迎の歌、踊りを体験してきました。ガイド役の長身イケメンRobertが気遣い溢れるサービ

スをしてくれたおかげで、終日通して有意義な時間を過ごすことができました。

特に夜のヒンバ村を訪問し、囲炉裏を囲んで彼らの話を聞きながら、伝統的な生活を垣

間見れたことは貴重な思い出となりました。

ヒンバ族は「世界でもっとも美しい裸族」と言われており、ナミビア北西部のクネネ州を本

拠地とし、昔からの伝統的な生活を固持している部族です。上半身は裸で、民族衣装とアク

セサリーを纏い、赤い泥とバターをまぜたものを体全体に塗っている容姿が非常に印象的で

す。これには虫よけと日焼け止めの効果があるといわれています。

総人口は2万から5万人ほどおり、山羊や牛などの家畜を育てて生計を立てています。

ナミビアは一人当たりGNI5,000ドル以上の中進国であり、アフリカ大陸内では経済的に発展

している部類に入るのですが、今でもこうした自分達の文化を頑なに守りつづけている民族

がいることに驚きが隠せません。

ただ、昨今ヒンバ族の中でも近代化の波が押し寄せているようで、民族衣装を纏わないで、

洋服を着ている方も少数いらっしゃいました。

人間とは怠惰な生き物ですから、楽な方向に流されやすく、便利な生活ができるならばそち

らにいこうとするものです。彼らの中でも昔からの価値観と現代的な価値観が葛藤している

のかもしれません。BBCのニュースでも取り上げられていました。経済発展することが必ず

しも全ての人々に恩恵をもたらすのかというと、疑問が残る点もあります。

国際開発をする上でも、現地の方々の生活を直に知ることは必要な事です。

では最後に問題の答えです。

正解はC:プレトリアです。南アフリカというと、世界一治安が悪いといわれるヨハネスブル

グが有名で人口も一番多い都市なのですが、実際に首都の機能を担っているのはプレトリア

となります。

今日もご覧いただきありがとうございます。

ではまた今度。

エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。民間企業で数年、電気系エンジニアとしての経験を積み、青年海外協力隊に応募。2018年6月27日、2年の任期を終えて帰国。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学の指導に従事。(活動期間:2016年6月~2018年6月)

0コメント

  • 1000 / 1000