エトーシャ国立公園でサファリツアー

こんにちは、暑さで脳みその活動が停滞気味なKenです!

毎度おなじみクイズの時間です。

1994年、わずか3ヵ月間で50万人~110万人が虐殺されたという

悲しい歴史を持つルワンダ。

では次のうち、ルワンダの首都はどこでしょう?

A:キガリ B:アクラ C:ハボロネ

(正解は本文の後で・・・)


今回はエトーシャ国立公園へ1dayサファリツアーに行った模様です。

任地オングウェディバからエトーシャまで日帰りで、行って戻ってくるツアーに参加しました。

終日素晴らしい自然と野性味あふれるどうぶつ達を満喫しました。

サファリ中に全部を見れたらラッキーとされるBIG5(ライオン、サイ、レオパード、バッファロー、ゾウ)の一角、象の群れに遭遇したのが今回のハイライトでした(^_^.)

エトーシャは22,720平方kmの面積を誇り、日本の四国よりも広いエリアです。アフリカ最大規模のエトーシャ・パン(塩湖)を有しており、野生どうぶつ達が数百種類も生息するサファリをする上で絶対に外せないナミビアで有数の観光地です。

ツアーガイドが運転する車に乗りながら、園内の水場に集まってくるどうぶつ達を

間近で観察できます。今回は19種類のどうぶつ達と対面することができました。

草食動物、肉食動物、鳥類、各々が争うことなく調和を保ちながら、共存しています。大自然の中を慎重にドライブしながら、遠くへ目を凝らし、どうぶつ達を探します。

時間帯や場所によって見れる動物たちが変わってくるので、長く滞在すればより多くのどうぶつ達を観察できると思います。ただ、今回は週末の時間を利用して行ったので1dayでも満足がいく内容でした。日常を忘れさせてくれる興味深い体験ができました。


では最後に問題の答えです。

正解はA:キガリです。ルワンダは東部中央アフリカに位置しています。

ちなみにアクラは西アフリカに位置するガーナの首都で、ハボロネは南部アフリカに位置するボツワナの首都になります。

今日もご覧いただきありがとうございます。

ではまた今度。

エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。これまで民間企業で電気系エンジニアとしての経験を積み、現在は国際協力師を目指し、青年海外協力隊員として活動中。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学を教えています。(活動期間:2016年6月~2018年6月(残り1ヵ月!))

0コメント

  • 1000 / 1000