奇想天外な植物

こんにちは!kenです。

JICA関係者のジンバブエへの渡航制限はあっさり解除されました。

旅行のキャンセルをした隊員もいたので、ちょっとかわいそうです。

では、ここでクイズです。

次のうち、地球温暖化に影響を与える「温室効果ガス」に含まれない物質はどれでしょう?

A:オゾン B:二酸化炭素 C:フロン

(正解は本文の後で・・・)


今回はウェルウィッチアについて。

ウェルウィッチア(学名:Welwitschia Mirabilis)とは裸子植物の一種でアンゴラとナミブ砂漠のみに生息する非常に珍しい固有種です。ちなみに「Mirabilis」とはラテン語で「驚異の」という意味のようです。

何枚かに分かれているように見えますが、実際は2枚の葉だけ一生伸ばし続けます。生長すると重さで自然に裂けてしまうようです。発芽まで25年かかるといわれ、寿命は驚くべきことに2500年以上と云われています。

誰が名付けたか知りませんが、和名は「キソウテンガイ(奇想天外)」と呼ばれます。

近くでじっくり見ると、独特な様相がよく伺えます。

10メートル以上にもなる長い根から水分を吸収して、水分のほとんど無い過酷な砂漠環境の中で命を繋いでいます。

絶滅が危惧されているようですが、赤ちゃんウェルウィッチアも発見しました。

この子はあと何年生きるのでしょう?その頃、世の中はどう変化しているのだろう(笑)

では、最後にクイズの答えです。

正解はA:オゾンです。

オゾンは私達にとって有害な紫外線を吸収する働きがあり、温暖化には関係ありません。IPCCという国連の機関によると、このまま温室効果ガスを多量に排出し続けた場合、今世紀末、世界の地上平均気温は最大で4.8℃上がるそうです。

本日もご覧いただきありがとうございます。

では、また今度。

エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカなどの途上国に興味がある方向けに情報発信をしています。これまで民間企業で電気系エンジニアとしての経験を積み、現在は国際協力師を目指し、青年海外協力隊員として活動中。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学を教えています。(活動期間:2016/6~2018/6)

0コメント

  • 1000 / 1000