ボツワナへ任国外旅行!(国境越え編)

こんにちは!Kenです!

希望とはあるとは言えないし、ないとも言えない。それは道のようなものである。

地上にもともと道はない。歩く人が多くなれば、それが道なのだ。

魯迅「故郷」より

では、ここで恒例の問題にお付き合いください。

次のうち、1949年に常備軍を廃止させ、軍隊を持たない国になったのはどこでしょう?

A:ノルウェー  B:ニュージーランド C:コスタリカ

(正解は本文の後で・・・)


今回はボツワナの国境越えについて。

ナミビアとボツワナは陸続きで繋がっているため、陸路で国境を超えることができます。

今回はボツワナ北部の町シャカウェ(Shakawe)からナミビアのディブンドゥ(Divundu)へ抜けるルートを利用しました。陸路で国と国の間をまたぐのは初めての経験でした。

ネットで調べても情報が出てこず、無事に通過できるか心配でしたが、行ってみるとスムーズに国境を越えることができました。国境付近は犯罪も多いと聞くので、治安面で懸念がありましたが、私が通過したときは何も問題ありませんでした。

流れとしては、

1.Shakawe(Botswana)から国境へ移動

タクシー料金でP80。時間にして一時間弱ほど。途中で看板があるので、分かりやすい。

2.ボツワナ側事務所で出国手続き(CUSTOMS AND IMMIGRATION MOHEMBO)

ここでパスポートを見せると何を聞かれる訳でなく、スタンプを押してくれました。

3.徒歩でボーダーを越える

10分ほど歩いて国境を渡ります。道中には「Welcome to the Republic of Namibia」の文字が!

4.ナミビア側事務所で入国手続き(MUHEMBO BORDER POST)

入国カードを記載して、提出。その後は持ち物検査を受けます。物々しい雰囲気の中、男4人に囲まれて、バッグの中身を一つずつチェックされます。

5.タクシーでDivundu(Namibia)へ移動

事務所前で待っているとタクシーが来ます。行先を告げて乗車します。運賃はNAD50でした。

ボツワナ情報を調べるにはJICAボツワナボランティアによるサイトが役立つので、もし興味がある方はどうぞ。観光情報や豆知識が非常に充実していて、参考になりますよ。

では最後に問題の答えです。

正解はC:コスタリカです。 中米のコスタリカは人口およそ480万人、国土面積は九州と四国を合わせた大きさの小国で、経済規模一人当たりのGNIが9750米ドル(2014年)の高中所得国に位置します。1948年の内戦をきっかけに1949年に常設軍を持たない国になりました。

本日もご覧いただきありがとうございます。

ではまた今度。


エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。これまで民間企業で電気系エンジニアとしての経験を積み、現在は国際協力師を目指し、青年海外協力隊員として活動中。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学を教えています。(活動期間:2016年6月~2018年6月(残り1ヵ月!))

0コメント

  • 1000 / 1000