極上のナミビア産ビールを味わう

こんにちは!Kenです。

先週、誕生日を迎え沢山の方々にお祝いをして頂きました。

今回は大人の味が分かる方向けのネタです。

キリンビール大学レポート調べ(リンクを参照)によりますと、なんとナミビアは2016年国別一人当たりのビール消費量が世界第2位です!!

世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき計170の世界主要国および各地域において、2016年のビール消費量をまとめたものです。

ちなみに日本は54位だそうです。

だてに消費量が多いだけではありません。そこら中に安価で良質な国産ビールが多数あるので、このランキングにも頷けます。しかも、これらのビールは国内だけ留まらず、中国などにも輸出しています。隣国のボツワナでもナミビア産ビールが愛飲されています(旅行に行った時に飲みました)。

1年の300日以上が晴天でカラっと乾燥した気候に適したスッキリとした喉ごしが特徴です。一覧にするとこんな感じ。


こちらの写真左から順番に挙げると、

1.WINDHOEK DRAUGHT

堂々とナミビアの首都を名に持った知名度No.1国産ビール。安定した飲み飽きない味。

440ml入り。アルコール分4%。

2.WINDHOEK LAGER

DRAUGHTの別バージョン。330ml入り。アルコール分4%。

3.WINDHOEK LIGHT

アルコール分が抑え目の2.4%。ビールとしてはあっさりし過ぎて物足りない。

4.  TAFEL LAGER

地方では人気No.1。なぜかというと安いから笑。赤いラベルが目を惹く。アルコール分4%。

5.  TAFEL LIGHT

LAGERの別バージョン。アルコール分4%。

そして写真2枚目に移り、左から順番に

6.  URBOCK

クラフトビールであり、黒ビール。コクもあり、飲みごたえ十分。アルコール分も満足の7%。

7.  CAMELTHORN HELLES

こちらもクラフトビール。比較的新しい品種。飲みやすい。アルコール分5%。

8.  CAMELTHORN WEISS

HELLESの別バージョンクラフトビール。アルコール分5%。

9.  KING LAGER

全体的にバランスのとれた味。アルコール分が若干強め5.5%。

これらの他にもドイツ産ビールも輸入されているので、ビールを楽しむには事欠きません。

ただ、飲みすぎにはご用心。

本日もご覧いただきありがとうございます。

ではまた今度。


エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。民間企業で数年、電気系エンジニアとしての経験を積み、青年海外協力隊に応募。2018年6月27日、2年の任期を終えて帰国。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学の指導に従事。(活動期間:2016年6月~2018年6月)

0コメント

  • 1000 / 1000