ナミビア国家プロジェクト

こんにちは!Kenです。

「ヒンズー教の教え」

ヒンズー教には、

『心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる』

という言葉があります。人生は心次第です。


今回は「Harambee Prosperity Plan(HPP)」について。 


これはナミビア政府が策定した国家運営プランです。ナミビア国家を今後どう発展させていくかというアクションプランで5つの分野に分かれています。

①Effective Governance(効果的なガバナンス)

②Economic Advancement(経済成長)

③Social progression(社会保障)

④Infrastructure Development(インフラ開発)

⑤International Relations and Cooperation (国際関係)

上記の分野に注力して、国を盛り上げていこうぜ!という計画です。

この中でも特に鍵となる方向性として

・透明性あるナミビア

・高度な文化レベルと市民中心の公共サービス

・貧困の撲滅

・スキルを十分に身に付けられる、競争力ある職業訓練システム

・若者の起業を促進する起業家精神の育み

・インフラが整備された土地と家屋へのアクセス

・日常生活と社会生活に十分なエネルギーと水の供給

が挙げられています。

独立してまだ28年のアフリカで南スーダンとエリトリアに続く3番目に若い国ですが、今や中進国に位置づけられているナミビアはまだまだ発展する気は十分です。人口は248万人、一人当たりのGDPは4415ドルです。

政治情勢が安定していて、テロもなく、多民族が共存している平和な国なので、

年間に観光客が145万人も訪れます。人口の半分以上が観光で訪れる観光大国なのです。

今後も見守っていきたいと思います。

本日もご覧いただきありがとうございます。

ではまた今度。


エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。民間企業で数年、電気系エンジニアとしての経験を積み、青年海外協力隊に応募。2018年6月27日、2年の任期を終えて帰国。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学の指導に従事。(活動期間:2016年6月~2018年6月)

0コメント

  • 1000 / 1000