ナミビアのゴーストタウン「コールマンスコップ」

こんにちは!Kenです。

「ブッダの教え」

諸行無常(この世に変わらないものはない)

諸法無我(物事にはすべて原因と結果がある)

涅槃寂静(執着心を捨てれば訪れる静かな境地)


今回はゴーストタウンとして知られるKolmanskop(コールマンスコップ)について。

ナミビアの大西洋側沿岸南部に位置する街、ルーデリッツから車で30分ほど内陸へ移動した所に砂で埋もれた小さな町があります。

かつてこの町は1908年に始まったダイアモンドの採掘ラッシュで栄えて、1914年頃には全世界の20%の採掘量を占めるまでになりました。

ホテル、カジノ、ダンスホールや病院が建設されました。しかし、1956年頃になると労働者たちは新たな雇用機会を求めて、さらに南に位置するオランジェムンドへ移動していき、最終的に住人がいなくなりました。

その後、放置され続けた結果、今では砂漠から来る砂にすっぽりと埋まってしまった(観光地化された)ゴーストタウンとなって、もの好きな旅行客達を受け容れています。

自分が訪問した時は、白人の団体客が大型バスで来ていたので、それなりに知られている名所であります。

個人的にはこの退廃的な雰囲気、昔の栄華が残されている様子、こじんまりとした街の規模などツボで、ナミビアの中でも大好きな場所です。(住みたくないけど、、)

ナミビアの隠れた穴場スポット「コールマンスコップ」。廃墟好きには堪らないですねw

本日もご覧にいただきありがとうございます。

ではまた今度。

エンジニアから国際協力師への道 (国際協力、ナミビア、青年海外協力隊の日常について)

国際協力やアフリカ、青年海外協力隊に興味がある方向けに情報発信。これまで民間企業で電気系エンジニアとしての経験を積み、現在は国際協力師を目指し、青年海外協力隊員として活動中。アフリカ南西部に位置するナミビアの職業訓練校で電気・電子工学を教えています。(活動期間:2016年6月~2018年6月(残り1ヵ月!))

0コメント

  • 1000 / 1000